私は地元を離れ遠方にある高校へ進学しました。

スポーツ推薦で入学し、家庭が裕福ではなかったこともあり母親の勧めで奨学金を受けました。この時、遠方から入学した生徒には月々22,000円の支給がありました。私はスポーツ推薦で入学したこともあって、部活に高校生活を懸けているようなものだったので、その月々受け取るお金で部活に使う備品や消耗品などを買っていました。他にも遠征に行くときの費用に回したりと、当時は奨学金に支えられ、目標にしていた全国大会などにも出場することができました。カードローンの毎月の返済が大変という方は、返済額を減らして生活の立て直しを図りましょう。 返済額 減らす


しかし卒業後、一通の手紙が届き私は驚きました。高校生活で支給した奨学金の返済についての内容でした。総額880,000円でした。返済するものだと母親が私に説明をしていなかったので、私はかなりのショックでした。無事に就職は決まりましたが、新卒の私が会社側に提出する書類で「負債(借金)」の欄に「880,000円」と記入するのは辛いことでした。今では笑い話ですが、当時は本当に母親を恨みました。以上が私の苦いお金にまつわる話です。