今から10年前、大学生だった時に友人にお金を貸した時についての事を掲載していきます。

当時大学のある東京へ上京し独り暮らしをしていました。

実家からの支援はあったものの私立大学という事もあり、自身でもバイトを掛け持ちしながら生活をしており余裕なんてない生活でした。

しかし同じサークルで知り合った友人がどうしても楽器があるというので、僅かな貯金から10万円程貸しました。
キャッシングと聞くととても後ろめたく、いけないこと、怖いことと考えがちですが、上手に使えばお金の悩みを解決してくれる心強い味方。前向きな借り入れを考えよう。 借り入れ

同じ大学だしサークルだし大丈夫だろうと思っていた矢先、その友人が大学を中退して消えてしまったのです。

学校の名簿から実家が解り電話するも友人は実家にも帰っていない様子でした。

友人の親に肩代わりしてもらうにも友人に貸したいう証拠が解明出来ない為、払ってもらう事が出来ませんでした。

あれから10年未だに友人の行方は解りません。